衣装選びについてウェディングプランナーがすること

衣装

ウエディングプランナーと一言で表しても、色々な仕事がある事をご存知でしょうか。数ある仕事の中でも、衣装に特化したウエディングプランナーは、ドレスコーディネーターと呼ばれています。ドレスコーディネーターの仕事は、新郎新婦に似合う衣装を提案する事です。より新郎新婦が輝いて見えるように、アドバイスを行います。また、ただ衣装を提案し、アドバイスを行うだけが、ドレスコーディネーターの仕事ではありません。

アクセサリー、ブーケ、ヘアスタイル、メイクといったトータルコーディネートを行うのも、ドレスコーディネーターの仕事です。その為、ウエディングプランナーの仕事の中でも、高いファッションセンスが要求されます。ただし、いくら高いファッションセンスを兼ね備えていても、新郎新婦の希望を無視するようでは、良い挙式を作り上げる事が出来ません。それにより、新郎新婦の希望を取り入れつつ、全体のバランスを考えたコーディネートが求められます。

こうした仕事の内容から、ドレスコーディネーターはファッションと接客の両方が好きという方に適しています。そして、幅広い知識が要求される事から、向上心のある方にも適した仕事と言えるでしょう。