贈答用のワインはウェディングプランナーに聞く

ワイン

ウエディングプランナーと言えば、仕事において遣り甲斐が充実した職種になります。結婚式を創り上げる仕事は、すべてのスタッフと連携を図る必要があるため、その責務は重圧になることもあります。しかし、新郎新婦と信頼を築きながら挙式のプランを立てていくので、挙式をあげる度に感動を味わうことができます。

今時の結婚式を見てみると、形式ばった挙式をあげるよりも、カップルの個性を生かした式を催される傾向にあります。ウエディングプランナーとしては、新郎新婦のことをよく知ったうえで、プランニングすることが要求されます。個性的な挙式をあげると切りがありませんが、電車を借りての挙式や観光名所で式を挙げるといった事例は、現実的なプランとして考慮に入れておいてもいいかもしれません。

結婚式には、祝い用のワインがプレゼントされることもあります。二人の門出を祝う贈り物には、少し高級感を出す演出も有りかと思われます。ワインに関する演出には、生まれた年や付き合った年を入れた、ヴィンテージ式のワインも贈答品として好まれています。こうした品目を選ぶにあたっては、やはりウエディングプランナーが知り得る知識量が要求されることになります。