ウェディングプランナーは結婚式で大事な役目

結婚

結婚式を行うにあたって、本人たち以上に重要なキーパーソンとなるのが、ウエディングプランナーです。ウエディングプランナーは、挙式や披露宴を行う際の総合プロデュースを行う職業のことで、挙式自体の出来を左右する、非常に大事な役割を担う方の事を言います。

ウエディングプランナーは主に、新郎新婦の要望の下で、挙式全体の進行やプランを決めていき、司会者や、配膳スタッフ、サービススタッフ、照明、音響スタッフなど、スタッフ全体の当日の動きや会場全体のレイアウト、招待状や引き出物、プチギフトなどのアドバイス、挙式の打ち合わせの日程調整、結婚式の最新トレンドに基づく、演出プランの提案など、挙式に関するあらゆる項目を、総合して、進行なども決定づけていくため、ウエディングのシーンをそつなくこなす実力次第で、結婚式自体の出来を大きく左右するといっても過言ではありません。

新郎新婦との相性や、実力などの問題で、新郎新婦側から合わないと判断される場合もあるため、ほとんどの式場では、新郎新婦の要望があれば、他のプランナーとの交代が可能となっております。このように、挙式を行うためには、なくてはならない存在であるため、式場選びの次に重要な事項となっています。